読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路で始める美容のいろは

三十路を越えてようやく美についてのんびり考え始めました。焦らない、無理しない、気張らない

まず後退

先日、ギックリ腰になりまして

 

その上…吐き気、発熱、寒気、関節痛、を伴い寝込んでました

 

その際、あまりに体が辛くてメイク落とさず寝ました

 

反省

 

今日は後退

でも仕方ない

三十路で気づいたこと

まず始めに

 

若い頃、若干、良い気になってたワタクシですが

やはり努力を怠っていると、時間は平等なものでして、様々な変化が現れ始めました

 

・尻の位置の変化

・胸の変化

・化粧のノリが日によってすごい

・髪の毛の質感の変化

・周囲の人からの見る目の変化

・顔の下半身に見慣れぬたるみ

・頭皮の匂いがするようになった

・お酒を飲む量、飲んだ次の日

・食事の際に一度に食べれる量

 

人によってはこんなに変化して無い人もいれば、もっとあるよと言う人もいるでしょう

美容とは関係ないように見えてた食事やライフスタイルも、やはり直結してたようですね

そして、努力してた人たちとの差が歴然となっていく30代…

 

だがしかし、元々が美容に多大な興味があるわけではないので、こんなになったのです。

「絶対痩せてやる!見返してやる!綺麗になってやる!」なんて気持ちになるのは、その日の気分で上がったり下がったりなのです

ただ言ってるだけです

しかし、興味が全く無いわけでは無い

綺麗になりたいけども、情熱が薄いのと三日坊主なだけです

また、美容に興味がある、頑張っているという方々と比べて、自分はダメだと早々に諦めておりました

 

そんな私が、いきなり素敵な30代になる!と気張ると続かない事は、今までの人生で経験しとりますので

緩やかな博多湾の様な気持ちで始めます

 

焦らない

無理しない

気張らない